各国の輸入文具を集めた「世界の文具展」開催!! 6月22日〜7月31日迄

なかなかコロナは手強くて、他県をまたぐ旅行もなかなか出来ない日が続いてますね。ましてや、海外旅行なんてまだまだ・・・。

そういう時こそ、「デサキ」で海外旅行気分に味わってみるのはどうですか?世界各国の素敵な文具を一同に集めてみました。

■スペインの文具

○MILAN 消しゴム&シャープナー カプセル COPPER
 

スペインの文具メーカー、MILAN(ミラン)の定番モデル「CAPSULE(カプセル)」の消しゴムで、カプセルのようなかわいいシルエットをしています。消しゴムと鉛筆削りが1つになった商品で、消しゴム・削りどちらもキャップ付きで、ペンケース内の汚れを防ぎます。また、コロンとした愛らしいシルエットながら、機能性を兼ね備えたアイテムです。手のひらに収まるほどのサイズで、上部に消しゴムが差し込まれています。底部のフタを開けるとシャープナーになっており、一般的な太さの鉛筆を削れます。削りかすは、中央を外して取り出せます。

■チェコの文具

○コヒノール マジックペンシル

チェコの老舗文具メーカー「コヒノール」の人気商品のマジックペンシル。世界各国の展示会で賞を受賞するほどの人気メーカーで、現在はドローイング・スケッチなど専門品として認知されています。1本の芯の中に3色がミックスされていて、描くとマーブル模様になるオシャレな色鉛筆です。お子様でも利用しやすく、握りやすい太い三角軸です。ペンシルで描いた後にブレンダーでなぞれば、混色も楽しめます。

■イタリアの文具

○CASTELLI MILANO(カステリミラノ) ノート

「カステリミラノ」は、年間1億冊以上の手帳を生産しているイタリアの文具メーカー・ブーストグループが立ち上げたノートブランド。「カステリミラノ」は、この地に古くから伝わる手工芸の伝統を活かしつつ、斬新なアイディアで独創的なプロダクトを生み出しています。イタリア発「CASTELLI MILANO カステリミラノ」のノートは、その気品漂うデザインに皆の気持ちが華やぐこと間違いなし。

○Stilolinea(スティロリネア) ラージャゴールド ボールペン

ゴールドのパーツが優雅さを漂わせるクラシックなデザインのRAJA GOLD(ラージャ ゴールド)のボールペン。金色のパーツ(クリップ、リング、ペン先)が盛り込まれた、クラシックなデザインで、日本でも懐かしい感じのするボールペンです。ゴールドのクリップがポイントで、ペン本体とのバランスが優雅さを漂わせています。様々な色でデザインされた、魅力的かつ革新的なボールペンになります。

■イギリスの文具

○Helix ( へリックス ) OXFORD ステーショナリーセット

イギリスの 文具ブランド・ Helix ( へリックス )の算数・数学で使用するステーショナリーのセットです。最上位のクオリティーとされるOXFORDシリーズは見た目のオシャレさだけでなく品質も高い文房具。ヘリックス社を代表する製品で、ペンケースとしても利用出来る缶ケースに入っています。

[マスセット内容] ・コンパス+コンパス用えんぴつ
・15cm定規
・三角定規2種
・分度器
・ミニえんぴつ削り
・消しゴム
・缶ケース(ペンケースとしてもご使用いただけます)

■ポルトガルの文具

○VIARCO(ビアルコ) ビンテージペンシル

1907年に設立され、100年以上の歴史を持つポルトガルの鉛筆メーカービアルコ。今もまだ、鉛筆は一本一本丁寧に製造されている。デザイン性の高い商品や、アートグラフ・プロフェッショナルに使用できる製品を開発している。

■ドイツの文具

○Gutenberg  リキッドグルー ガラスボトル(液体のり)

Gutenberg(グーテンベルグ)はドイツのオフィス用品ブランドとして80年以上にわたり、ドイツの文具業界をリードしてきました。オフィス用品を中心とした製品の製造や、原材料から環境に配慮して製造されたものが多く、ユニークなデザインや機能性の高さから、世界中で長く愛される製品を多数取り扱っている。インテリアにもなるレトロなガラス容器入りで、天然ゴムが原材料の環境に配慮した液体のりです。 日常使用に適した経済的なオフィス用として世界中の人々の机上で長く愛用されてきた商品の一つ、容器はレトロなガラス製で、机上のインテリアとしても素敵です。

○AXEL WEINBRECHT betapen メタルペン

「半永久的に書き続けられるペン」
鉛筆が発明される前に人々が使っていた金属性のペン。BETAはドイツ国内で2つのデザイン賞を受賞している極めて特殊な鉛筆。芯もインクもなく、半永久的に使用可能。気温や気候の条件に関係なくあらゆる紙に筆記可能で、通常の鉛筆は、使うと芯が擦り減っていきますが、このペン先は金属製なので全くと言っていいほど擦り減りません。長期間のご使用で先端が丸くなってきたら、サンドペーパーで先を尖らせれば再度利用可能です。鉛筆の祖先「メタルペン」は、鉛筆が発明される以前、中世の学者たちは細い線を描写するために銀の先端を利用。この銀筆がbeta,penが生まれるアイデアとなりました。

■香港の文具

○FLIPEN(フリペン)

FLIPEN(フリペン)は、本体を三角に折って、マグネットで簡単に組み立てて使用できるスタイリッシュなボールペン。ボールペン芯を収納して二つに折ると、紙や本にはさんでブックマークとしても使用できます。ボールペン芯は、つまみをスライドして収納できます。

どうでしたか?
日本全国の文具はもちろん、世界各国の文具も取り扱っているので、一度この機会に是非ご来店ください。

※2020年6月18日現在の情報です。