安心の低刺激♪乳幼児のお肌を守る0歳からのスキンケア【松山油脂 HADAHUG】

すこやかな肌をはぐくむ♪0歳からのスキンケア習慣

ふっくらもちもちとした乳幼児の肌。

その肌の特徴、知っていますか?

◎皮膚の厚みは大人の1/2~1/3
◎皮膚の表面積は少ないのに、汗腺の数は大人と同じ
◎皮脂の分泌量は大人の1/3(生後2~3ヶ月後から)

このように、乳幼児の肌はとても繊細でダメージを受けやすいのです。

そこで今回は、乳幼児のための低刺激スキンケア、松山油脂「HADAHUG」をご紹介♪♪

大人よりも「洗う・うるおす」習慣が大切。

松山油脂がこれまでに培った伝統的製法の石けん製造や、敏感肌向けスキンケアやボディケアの製品づくりの経験を活かし「HADAHUG」をつくりました。洗うこと、うるおすこと、そして“すこやかな肌に育ちますよう”にという思いが込められたスキンケアシリーズです。

未発達な肌のバリア機能を守りながら洗う

せっけんを使って、乳幼児の肌にとって刺激となる汗やよだれ、アレルゲン (食べ物やダニなど) をできるだけ早く、やさしく取り除く必要があります。

【保湿せっけん】
シア脂、ヒマワリ油などの植物オイルからコールドプロセス製法で30日間熟成させてつくった石けん。

起泡性が高くボリュームのある泡が、繊細な乳幼児の肌をやさしく洗い上げます。石けんに約4%残っている植物オイルの働きで、洗浄後の肌をしっとりとなめらかに保ちます。(泡立てネット付き)

【全身泡せっけん】
植物オイルからつくった液体石けんと、肌にやさしいアミノ酸系洗浄成分を配合。

ふっくらとした泡が、繊細な乳幼児の肌や髪を洗浄中の摩擦から守り、やさしく洗い上げます。泡切れが早く、すすいだ後は皮膚刺激の原因ともなる洗浄成分が肌に残りません。

乾燥や外的刺激から守る保湿

保湿製品には皮脂とよく似た成分をバランスよく配合。乾燥や外的刺激、汗やよだれから乳幼児の肌を保護し、すこやかな状態に整えます。

【保湿ローション】
肌の上で保護膜をつくり乾燥を防ぐホホバ油と、角質層への浸透性に優れ、肌表面をなめらかに整えるスクワランを配合。

乾燥や外的刺激から肌を守る皮脂膜の働きを補うことで、乳幼児の肌トラブルを予防し、すこやかな状態に整えます。1年を通じて使用でき、ベタつかず、肌をしっとりとした潤いで守ります。

【保湿クリーム】
保護膜をつくり潤いを持続させるホホバ油と、角質層に浸透しながら肌をやわらかく保つシア脂を配合。

さらりとした感触でありながら、保湿効果に優れた油膜を肌の上でつくります。それにより乳幼児の肌のバリア機能を助け、乾燥や外的刺激から肌を守ります。

いつでも持ち歩ける“安心”

正しい肌のケアは、乳幼児時期の肌を守ることはもちろんですが、すこやかな肌へとはぐくみ、導くことにつながります。

お家でも、おでかけした時も、「HADAHUG」で乳幼児の肌を守ってあげて下さい♫

※大分わさだ店のみでの取り扱いになります。
(熊本菊陽店の取り扱いはありません。)

※2020年6月25日現在の情報です。