【親子の時間研究所 おそらの絵本】寝かしつけの救世主!話題のプロジェクター絵本

スマホを使っておうちの寝室が絵本シアターに

育児の悩みの一つである「寝かしつけ」。

いろんな寝かしつけアイテムが登場していますが、今、SNSで密かに話題となっているのが、プロジェクター絵本「おそらの絵本」。発売からわずか半年で、累計販売本数は約5万本とういからオドロキです!!

子供がパパやママの温もりと声を感じながら、安心してすやすや眠りについてほしい。
一日頑張ったパパやママも、子供の笑顔と安らいだ寝顔を見て、子供との過ごす時間を充実したものにしてほしい。

クラウドファンディングからスタートしたこの商品には、開発者のそんな願いがこもっています。

使い方はとっても簡単

「おそらの絵本」は、スマートフォンを使って、寝室の天井に絵本を映し出す、プロジェクター絵本です。

セット方法はとても簡単で、読みたい絵本(ディスク)をプロジェクターに差し込み、プロジェクターのクリップをスマートフォンを挟むだけ。

お部屋の電気を消して、子どもと一緒に横になり、専用の無料アプリを立ち上げます。画面に指示が出るので、それに従ってパパやママがお話を読み、ディスクを指で動かしてコマを進めていきます。アプリのBGMや効果音が親子の楽しいおやすみ時間を演出してくれる、とっても優れた商品なんです。

いろんな場面で寝かしつけの効果を発揮

名作ぞろいの絵本の魅力に加えて、天井に映し出されるエンタメ性から、「子どもが自らベッドに行くようになった」「寝かしつけでぐずらなくなった」など、その効果を感じているパパやママも多いそう。

「おそらの絵本」は、お部屋の電気を消し、横になってから始めます。読み始める段階で、入眠への移行がスムーズになるスタイルを作っているからこそ、大きな効果が得られているといわれています。

手のひらサイズの可愛い「ひつじプロジェクター」。泊りがけのお出かけや、子どもたちのお楽しみ会など、工夫次第で登場の場面はたくさんありますよ♪♪

おやすみタイムが親子そろって「楽しみ」「待ち遠しい」ってなるとイイですよね。
気になる方はぜひ、「デサキわさだ」で実際に手に取てみて下さい!!

商品名:「おそらの絵本」本体(すやすやコロコロおはなしディスク付き)
価 格:1,800円(税別)

商品名:「おそらの絵本」ディスク
価 格:800~1,200円(税別)

※2018年12月24日現在の情報です。

デサキデポわさだ

住 所 : 〒870-1151 大分県大分市大字市1188番地(わさだタウン近く)
電話番号: 097-529-8133
営業時間: 10:00~20:00
店休日 : 無休(12月31日、1月1日を除く)
駐車場 : 無料駐車場を完備(66台)